オフショア

21ツインパワーSW 8000PGをインプレ!ステラやセルテートと悩んだら?糸巻量やスプール互換は?

21ツインパワーSW 8000PGの画像

ライター
ライター
限界人間(@beginni27729570)と申します。リールのインプレはお任せください!youtubeも見ていただけると嬉しいです。

パワフルと好評な21ツインパワーSWですが、19ステラSWや21セルテートSWと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

実際に21ツインパワーSWをオフショアジギングで使用してみましたので、使用感をインプレします。また他リールや番手と悩んでいる方に向けて個人的な意見も述べさせていただきましたので、参考までに。

製品の閲覧と購入ができる様にamazon/楽天市場の広告リンクを設置していますので、気になった方はリンク先をチェックしてみてください。

スペックや糸巻量、スプール互換は?

ラインナップは以下の通りでして、4000~14000番まで幅広いラインナップがございます。(スペックは一部抜粋)

ステラSWやセルテートSWには18000番が存在しますが、ツインパワーSWには14000番までしかありませんね。

サイズ/スペック巻き取り量(cm)自重(g)最大ドラグ力(kg)PE糸巻量(号-m)
4000XG101350112-240
5000HG97415132-350
5000XG105415132-350
6000PG83420133-300
6000HG103420133-300
6000XG112420133-300
8000PG94615253-410
8000HG107615253-410
10000PG102655254-400
10000HG116655254-400
14000PG106660256-300
14000XG134660256-300

参照:シマノ

スプール互換に関しては次の通りです。

21ツインパワーSWのスプール互換表

参照:シマノ

ステラのスプールと互換性がありますので、見た目をステラにすることも可能です。(当たり前ですが、スプールが変わればステラに見えます。)

10000番と14000番は互換性がありますが、8000番だけ独立してしまいましたね。セルテートSWは8000~14000番まで互換性がありますので、こちらに関しては残念です。

20ゲーム タイプJ S62-4の画像
[シマノ]20ゲーム タイプJ S62-4をインプレ!ジグウェイトは?合わせるリールは?シマノのゲーム タイプJですが、グラップラーBBやオシアリミテッドと悩みませんか?実釣インプレします!...
スポンサーリンク

21ツインパワーSW 8000PGのインプレは?

良い点

非常に力強さを感じながら、SW機とは思えない滑らかな巻き心地を保持しています。剛性とシルキーさを両立できていますね。

これは駆動ロスを減らすための機構である“インフィニティドライブ”が採用されているからだと思われます。

魚に対しては先ほど紹介したインフィニティドライブの他にも、以下の機能が青物を釣る剛性に貢献しているかと。

Xリジッドローター分厚くたわみにくい設計の採用
Xタフドラグ耐久性と耐熱性を両立する技術

8000Pに関してはウィンチのごとく、圧倒的な巻取りパワーでゴリゴリ巻いていけます。HGと比較しても圧倒的に疲労が少ないのも良いですね。

やはり、ジギングで使用するリールはPGに限ります。

21ツインパワーSWで釣ったブリ

こちらのブリも駆動ロスを軽減させる機構と剛性抜群の分厚い金属ロータで圧倒的なパワーを生み出し、魚に主導権を与えることなく釣り上げました。

グランデージアトラス ブルーランナーで釣った青物
[100H、106HH/PS]グランデージアトラス ブルーランナーをインプレ!合わせるリールは?評価は?折れる?グランデージアトラスの番手をどれにするか悩みませんか?100H、106HH/PSを実釣インプレします。...

気になった点

ドラグノブが小さいので、ファイト中のドラグ調整はやりにくいですね。

オフショアジギングは少しのミスがバラシやラインブレイクに繋がるので、もう少し大きくして欲しかったです。

またステラSWやセルテートSWと比較すると、ドラグの滑り出しや作動時に少し引っかかりを感じた場面もありました。

まとめると頑丈なロータを抱えているためパワフルなのは勿論、巻きに滑らかさを感じるリールです。大型青物相手でも恐れることなく巻いていける剛性は間違いなくあります。

耐熱性に優れるドラグ性能はありつつも、ノブの小ささが残念といったところでしょうか。

総じて非常にクオリティの高い大型スピニングリールですが、やはりステラには及びませんね。

22ステラ C5000XGのインプレや合うロッドは?青物は?不具合が多く買わない? 飛距離も出てデザインも評判な22ステラですが、ライントラブルの件で購入を迷っている方も多いのではないでしょうか。 釣行の大半はサ...
スポンサーリンク

21ツインパワーSWの耐久性や剛性は実釣ではどの程度?

ブリ、ヒラマサ、カンパチなどの青物御三家とファイトしても全く問題ないレベルです。

青物ジギングで200g前後のメタルジグをハイピッチでシャクっても、疲労感がなく快適ですね。またオフショアやロックショアなど海水を浴びる釣りで使用しても、防止性能の高さに安心します。

総じて負荷のかかる釣りで酷使しても使用感が落ちていませんので、やはり値段相応に高クオリティと言わざるを得ません。

10キロブリも余裕ですし、メーターオーバーのヒラマサを釣ってもリールにダメージはないと思います。(もう1ランク下のリールだと、おそらく長持ちしません。)

唯一懸念されるのはハイブリッドボディを採用したことで、少し剛性面に不安がある点でしょうか。

※ボティ素材はリールフット側がアルミニウム、ボディカバーがCI4+を採用しています。
剛性面は落ちますが、軽量化されています。

個人的にはボディ素材自体が分厚くなっているため大きな心配はしていませんが、不安な方は最上位機種の購入が良いかと。

[1年間使い倒してみた]カルディアSW 5000D-CXHのインプレや評価は?本当にダメ?昨年発売されて色々と話題になった22カルディアSWですが、気になる方も多いのではないでしょうか?1年間ブレードジギングで乱用したインプレを記載します!...
スポンサーリンク

21セルテートSWと悩んだら?

どちらも高い性能とコストパフォーマンスの高さは魅力ですが、細かい点で違いがあります。(個人的に性能差はさほどないと思っていますが。)

21ツインパワーSWはロータが非常に分厚く頑丈です。そのロータを抱えても駆動ロスを減らす機構と丈夫なギアで無駄なく巻き取ることができるため、パワーを求めるなら21ツインパワーSWに軍配が上がります。

船上で21セルテートSWと巻き比べましたが、言われてみれば21ツインパワーSWの方がパワフルな気はします。

対しセルテートSWはフルメタルボディなので、やはり剛性面は信用できます。実際にヒラマサジギングにて180gのジグをハイピッチでシャクリましたが、安心感はありますね。対しロータはザイオンVとなるので、かけた後は少し不安になる場面も。

以上の特性を踏まえるとシマノ派ダイワ派は置いておいて、以下の使い分けはいかがでしょうか。

鰤ジギングセルテートSW
ヒラマサやカンパチジギングツインパワーSW

※あくまで8000番での一例でして、性能差もさほどないことは前提です。

10キロ超えをレスポンスよく狙うのはセルテートSWの方が良いかと。巻き心地もこちらの方が良く思えます。

21セルテートSW 8000Pをインプレ!ソルティガとの比較は?8000番のジギング用リールで悩んでいる方はいらっしゃいませんか?鰤やヒラマサ~トンジギまで使用出来るセルテートSW 8000Pのインプレを記載します。...

逆にカンパチやヒラマサなど、根に突っ込む魚はツインパワーSWの方が良いと思います。ボトム近辺でかけた時、擦られる前に強引に根から剥がしたいですからね。

実際にセルテートSWにて根ズレでバラした経験多数です。ツインパワーSWでも対処できない場面もあると思いますが、根ズレ率は少しは減らせる気はします。

つきましては巻きのパワフルさを求めるなら21ツインパワーSW、レスポンス性を求めるなら21セルテートSWで良いと思います。

トンジギに最強のリール7選!おすすめのベイトリールやスピニングは?意外とタックルがなんでも良いと言われがちなトンジギですが、厳選しておすすめのリールを紹介します。ベイトかスピニングで悩んでいる方の参考になれば幸いです。...
スポンサーリンク

結局は19ステラSWを買った方が良い?

こちらに関してですが、無理してでも買えるのであればステラが良いですね。年数が経過し多少のゴリ感があっても値落ちしにくいので、資産性が◎な印象を持っています。

21ツインパワーSWも一通りの釣りはこなせるので十分な性能がありますが、長期的な使用を考えるとステラSWの方が恩恵を感じる場面は出てくるかと。

逆に使い倒すつもりであれば、ツインパワーSWの方が良いと思います。ステラには及びませんが紛れもない高クオリティリールですので。

個人的には“ツインパワーSWだからその魚を逃した”ということは少ない気もします。ドラグ性能がステラに及ばないことは明確ですが、バラす時はどのリールでもバラしますからね。

どちらも良いリールですので“何を求めるか”で必要なリールが分かれると思います。

22ステラ C5000XGのインプレや合うロッドは?青物は?不具合が多く買わない? 飛距離も出てデザインも評判な22ステラですが、ライントラブルの件で購入を迷っている方も多いのではないでしょうか。 釣行の大半はサ...

8000番と10000番、14000番で悩んだら?

用途によって変わってきますが、スプール互換がなく独立している8000番よりは、10000番と14000番の方がお得感がありますよね。

しかし8000番の方が重量も巻きも軽いので、ターゲットやフィールドに合わせるのが無難です。

正直なところ8000番で何とかなる釣りが多いので、スプールが独立してるとは言えど所持者が多い印象です。

自重は8000番と14000番で45gしか変わりませんので、大は小を兼ねる考えで行くのであれば10000番以降の購入が後悔しないかと。

以上、21ツインパワーSWを紹介いたしました。パワフルで高クオリティなリールですので、是非とも試してみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
監修
luresonic編集部
元釣り具屋店員や釣り雑誌編集者など、知識が豊富なアングラー複数人で運営中。ルアーフィッシングを初心者でもわかりやすい様に解説いたします。依頼等ございましたら、ページ下部からお気軽にお問合せください。