ショア(サーフなど)

[実績多数]ヒラメに最強、おすすめルアー6選!遠浅サーフも堤防も反則級ルアーで攻略!

ヒラメ用ルアーは多数発売されていますが、何を購入すべきか悩むことは多々ありませんか?私はヒラメ釣りを始めて長い年月が経ちますが、今までの経験から実績多数のルアーを紹介いたします。

遠浅サーフ、堤防に実績のあるルアーを厳選しましたので、参考にしていただけますと幸いです。(共に地形は砂地です。)

製品の閲覧と購入ができる様にamazon/楽天市場の広告リンクを設置していますので、気になった方はリンク先をチェックしてみてください。

ヒラメにオススメの最強ルアーは?

DUO ビーチウォーカーフリッパー Z24g

早いテンポで探れるため、主に沖のブレイクや潮目を広範囲でサーチするときに使用します。

素材が亜鉛でできているため浮き上がりが早く、遠浅のサーフでは特に重宝するルアーですね。ジグに近い形状ですがシンペンのようなウォブリングをするため、飛距離も稼げて初心者にも扱いやすいと思います。

オススメのアクションはストップ&ゴーです。

フォール中と比較すると、巻き出しのタイミングのバイトが多いですね。勿論、ただ巻きでも問題ないですよ。

DUO ビーチウォーカーハウル 21g

プラグやジグでは表現できないナチュラルなアクションをするルアーです。

飛距離も稼げる上にレンジキープ力もあるので、魚がスレていると感じた場合や波打ち際のブレイクを攻める時に使用しています。

ハウルを使う上で特に気をつけていることはロッドの角度ですね。

スレたヒラメの補食範囲は狭いため、底から10~50㎝辺りを一定の速度で引けるように調整することが重要です。

引きずるとアクションが破綻してしまうため注意が必要ですが、上手く調整できるとバイトが多発します。

こちらは渋い中、竿の角度を意識しながら釣り上げた執念の一本です。

DUO ビーチウォーカーウェッジ120S

日が低く薄暗い時間帯に、ルアーサイズとアクションを活かして反射的に食わせるイメージで使用しています。

30gほどの重量があって浮き上がりが早いシンペンはウェッジ以外に知りません。ジグ並みに飛距離を出せるため、少し遠くで立った鳥山やナブラを攻めるときにオススメです。

ブリブリとお尻を振って泳ぐため、フリッパーZのアクションでは弱いと感じた時に出番がきますね。

[95S/120S]ビーチウォーカー ウェッジの使い方やインプレは?遠浅サーフはどっち?青物は?ヒラメ釣りの定番、ビーチウォーカー ウェッジをご存じでしょうか。95Sと120Sの使い方からインプレ、遠浅サーフでの使用まで紹介いたします。...

アイマ サスケ120裂波

ヒラメ釣りの定番ではないでしょうか。レンジキープ力や安定したアクションなど、総合的に信用できる点が多いです。

フローティングミノーということもり、遠浅サーフでの使用が多いです。ポイントが絞り切れず、手返しよく探りたい時に重宝しますね。

また、サスケ特有のナチュラルな泳ぎはやはりヒラメに効きます。私はこのルアーに何度救われたかわかりません。

発売されてから長い年月が経過していますが、未だに数多くのアングラーに使用されていますからね。

何を購入するか悩みましたら、まずはサスケ120裂波を選択すると良いかと。それくらい実績のあるルアーです。

サスケ120裂波をインプレ!使い方やおすすめカラーは?サーフでヒラメや青物も?アイマのサスケ烈波120をご存じでしょうか?シーバスからヒラメ、青物まで数多く釣り上げてきましたので、ご参考までに。...

Jackson 鉄板バイブ 26g

海が少し濁っていたり、波が高いときは鉄板バイブがオススメです。

ヒラメは視覚で獲物を捉えますので、視界の悪い状況ではルアーを認識することができません。

鉄板バイブのシルエットは小さいですが、強烈な波動と音を発するので濁りの中でも効果があるかと。

大きな引き波の中をブルブルと泳がせていたら60㎝級の小座布団が釣れた経験があります。おそらく、他のルアーでは取れていなかった1本ですね。

ネッサエクスチューン S1102M+をインプレ!折れる?青物は?XRとリミテッドで悩んだら?サーフやライトショアジギングに使用するロッドを選ぶとき、何を買うか非常に悩みませんか?大人気ネッサシリーズのエクスチューン1102M+を3年間使い倒しましたので、ご参考までに。...

アブガルシア カチカチ玉 20g

変わり種になりますが、3mくらいの水深があればショアラバも良いですね。

ジグやプラグのように速い動きで食わなかったり、より小さなマイクロベイトを補食している状況に非常に有効です。

カチカチ玉はオモリとラバーが別々の遊動式になっており、飛距離を出すことが出来ます。またラバーが落ちる食わせの間を与えられるので、活性の低いヒラメのバイトを誘発します。

こちらは堤防での釣果になりますが、ショアラバで一撃でした。

ショアラバは釣れない?ヒラメは釣れる?夜は?おすすめルアーも紹介!ショアラバをしてみるも、釣果がイマイチな方も多いのではないでしょうか?釣れない時の対処法からヒラメの釣り方まで解説します。...

サーフや堤防でヒラメが良く釣れる色は?

ゴールド系

ヒラメ釣りの定番カラーとなりまして、海の状況に関係なく使える汎用性の高さは魅力です。

海が濁っていてもクリアでも、ヒラメにゴールドカラーはよく効きます。不人気カラーを選んでも良いですが、失敗したくない方にはこの色がオススメです。

つきましては“カラーが原因で釣れなかったのか?”と後悔しそうな場合、まずはゴールド系を選ぶと無難です。

マット系

濁り混じりのときや薄暗い時間帯に有効ですね。朝マズメをメインで釣りされる方は、ルアーケースに1つ忍ばせておきましょう。

また光を反射しないため、水に溶け込まない点も強みだと思います。シルエットがはっきりとするため、ヒラメによくアピールできますね。

ゴールドとマット系、この2つは最低でも持っておくと釣果が変わるかと。

ピンク系

私のエリアではゴールド系やマット系に反応がない場合、このカラーを使用する方が多いです。勿論ピンク色が一番良い場所もございますので、ポイントによりけりだとは思いますが。

また、シーバスや青物もよく釣れるカラーだと思います。サーフでヒラメ以外の魚を釣っている人を見るに、意外とピンク系のルアーを使用していることが多いですね。

総じてバイト数が楽しめると思いますので、こちらも是非。

22ステラ C5000XGのインプレや合うロッドは?青物は?不具合が多く買わない? 飛距離も出てデザインも評判な22ステラですが、ライントラブルの件で購入を迷っている方も多いのではないでしょうか。 釣行の大半はサ...

ヒラメ釣りにおけるルアーの構成(割合)は?

私はミノーやジグなど、広範囲を手返しよく探れるパイロットルアーが中心な構成です。

これらに加え飛距離稼ぎ用のシンペン、スレているときに使うワームを複数ルアーケースに入れています。またマット系~ピンクまで満遍なくカラーを揃える様にしています。

私はメインフィールドが遠浅サーフのため広く浅い構成ですが、エリアによってはシンペンやワームを主軸とした構成でも良いと思います。

特に激戦区であれば終始ワームを投げる状況も珍しくないので。地形によりますが堤防は人が多いことも多く、ワームでしか反応を得られないポイントもあります。

ルアーとジグ、プラグの違いや使い分けは?ミノー、スプーン、ワームも解説!釣りを始めたばかりの頃って、ルアー、ジグ、プラグなどの用語で混乱しませんか?本記事では具体的な違いから、使い分けまで解説いたします。...

サーフでフローティングミノーはいらない?沈めた方が良い?

結論、フローティングミノーは必須だと考えています。むしろフローティングミノーのほうが使い勝手が良いため、出番が多いですね。

最大の利点は広範囲に目立ちやすいレンジをキープできることです。サーフはポイントを絞ることが難しいため、広く手早くサーチすることが釣果に繋がります。

時合いがシビアなポイントであるほど、沈めている時間が勿体ないですからね。勿論、私のホームが遠浅であることも起因しますが。

しかし高活性のヒラメは底から2m以上浮き上がることも多いので、一般的に言われている補食レンジを少し外れても食ってきますよ。

21ツインパワーXD 4000XGをインプレ!剛性や青物は?ヴァンキッシュやC5000XGとの比較は? サーフやライトショアジギング、シーバスにも使える汎用性の高い4000番リールですが、上位機種にも良い製品が多く悩みませんか?値段もさほ...

水深が深く表層まで追ってくる可能性が低い場合は、沈めるのも良いと思います。

フローティングミノーにあえてシールシンカーを貼り、浮力を調整する方もいらっしゃいますからね。少しルアーを沈ませた上で、ストップ&ゴーで食わせの間を与えるのも一つの手段です。

以上、ヒラメのオススメルアーを紹介いたしました。まだ釣れた経験のない方は参考にしていただけますと幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事を書いた人
luresonic編集部
元釣り具屋店員や釣り雑誌編集者など、知識が豊富なアングラー複数人で運営中。ルアーフィッシングを初心者でもわかりやすい様に解説いたします。依頼等ございましたら、ページ下部からお気軽にお問合せください。