サーフ、ショアジギ

アオモノキャッチャー/アオモノブレードをインプレ!使い方やおすすめカラーは?ただ巻きで釣れる?

アオモノキャッチャー/アオモノブレードで釣った青物

ライター
ライター
限界人間(@beginni27729570)と申します。釣りが好きすぎてyoutubeもやっています!

シマノのアオモノキャッチャー/アオモノブレードをご存じでしょうか?どちらも安価ながら青物の大好物です。

実際に両方使用してみましたので、インプレからおすすめカラーまで紹介します。

製品の閲覧と購入ができる様にamazon/楽天市場の広告リンクを設置していますので、気になった方はリンク先をチェックしてみてください。

アオモノキャッチャー/アオモノブレードのインプレは?

アオモノキャッチャー

“初心者でも扱いやすいクセのないジグ“という印象です。

リトリーブ時はしっかり水を噛んで、お尻を振っていい動きをします。巻きスピードはゆっくりでも早巻きでも動きが崩れる感じはしません。

実際に早巻きしてみましたが、バイブレーションルアー並みにお尻を振っていました。

形は後方重心で平べったい作りなので、飛距離は出ます。横風に少し弱い欠点はありますが、向かい風の時は空気を切るので思った以上に飛ぶこともしばしば。

またアオモノキャッチャーには“青物を絡め取って逃さない”という謳い文句がありますが、その高いフッキング性能にも着目したいです。

強靭でバラシの少ないフックを採用しているため、他のフックと比較しても魚のキャッチ率が高い気がします。

フォール時はヒラヒラとフラッシングするので、魚に喰わせのスイッチが入りますよ。

アオモノブレード

魚がスレやすい堤防で釣った実績が多く、アピール力の高さとお手軽さが魅力です。こだわって設計されているため、ただ巻きでも十分な釣果が期待できます。

アオモノブレードで釣ったサワラ

後方のブレードをしっかりと活かした設計でして、ジグ本体は回転せず水平姿勢を維持します。まさにブレードで誘う“堤防特化型メタルジグ”といったところでしょうか。

さらにフックとブレードが別々についているので絡むことがなく、トラブルレス性能とフッキング率をバランスよく両立しています。絶妙なフックの位置を評価したいです。

しかしトラブルレスとは言えど大きくシャクるとフックとラインが絡まるため、もしアクションをいれる場合は軽く穂先で煽る程度が良いと思います。

キャスト時は後方重心となりますが、リトリーブ時やフォール時は前方に移動します。綺麗に真っすぐに飛ぶので、ブレードジグにありがちな不規則な回転はありません。

[厳選4選]サワラにおすすめブレードジグを紹介!フックは?自作出来る?サワラキャスティングにブレードジグは必須になりましたよね。自身の釣果や周囲の評価を踏まえたうえで、良く釣れるブレードジグを厳選3種、紹介いたします。...
スポンサーリンク

アオモノキャッチャー/アオモノブレードの使い方は?ただ巻きでも釣れる?

アオモノキャッチャー

クセのないメタルジグなので巻いてもシャクっても、フォールさせてもどのアクションでも釣れます。

その中でも私が圧倒的に釣果を上げているのが、“ワンピッチジャークからのフォール”です。

フォールのアピール力が高いため、落下中のバイトを何度も経験してきました。

ただ巻きで誘っても釣れるのですが、巻き回数を5回〜10回程度と決めて一定まで巻いた後、しっかりフォールさせましょう。

アオモノキャッチャーで釣ったブリ

こちらもフォールでの1本でして、釣果が大きく変わります。

アオモノブレード

ジャークなどはせず、リトリーブメインで誘っていく場合が多いです。“ただ巻きとフォール”が個人的な必勝パターンです。

巻きスピードは中間くらいの速度で巻いて、ある程度巻いたらフォールをさせましょう。ただ巻きして落としてを繰り返す誘い方が効果的かと。

そのため使用場面は障害物や根の起伏が少ない堤防が使いやすいと思います。

[サワラ爆釣]メタルマジックTGを解説!釣れない時の対処法も紹介します!サワラキャスティング船に乗る時、メタルマジックというルアーを頻繁に見かけませんか?本記事ではメタルマジックTGのインプレから使い方、釣れない時の対処法まで解説いたします。...

ジグはブレードをとにかく活かすための設計で作られているので、リトリーブ時とフォール時は姿勢を維持してくれます。ブレードの特性を十分に発揮するためにも、ただ巻きの有効活用がポイントです。

実際にyoutubeで爆釣している動画があるので、お時間がある方は是非。

スポンサーリンク

オススメのカラーは?

ブルピンカラー

定番になるかもしれませんが、時間帯を問わずに使用できる汎用性の高さが魅力です。

カラー自体も表層に強いピンクカラー、中層より下に強いブルーカラーを兼ね備えているのでパイロットカラーとしての活躍も見込めます。

表層で巻いても良いですし、底からワンピッチジャークで徐々に上げても良いので使える場面が多いです。

とりあえず海の状況を探るカラーとして持っておきたいですね。万能なカラーなので初心者の方にも良いと思います。

[実績多数]ヒラメに最強、おすすめルアー6選!遠浅サーフも堤防も反則級ルアーで攻略! ヒラメ用ルアーは多数発売されていますが、何を購入すべきか悩むことは多々ありませんか?私はヒラメ釣りを始めて長い年月が経ちますが、今まで...

グローアジカラー

マズメ時の少し薄暗い時間帯や濁りがある時に活躍します。

海がクリアでなくても発光してアピールしてくれるので、マズメ時に捕食スイッチを入れやすいカラーですね。

濁りがきつい時はチャート系がオススメされますが、意外とグロー系も有効です。実際に海が汚い時に回遊範囲が広いポイントで釣果を出した経験もあります。

意外と魚からも視認されるカラーかもしれません。

[シャウト]ブレードショーテルでサワラ爆釣!インプレから使い方まで解説!シャウトのブレードショーテルをご存じですか?最近知名度が上がってきましたよね。実際にサワラキャスティングで使用した上でインプレから使い方まで解説いたしますので、ご参考までに。...
スポンサーリンク

オフショア(船釣り)でも使用できる?ジギング?

アオモノキャッチャーには28g~60g、アオモノブレードには30g~50gがあるため、オフショアにも問題なく使用することができます。

アオモノキャッチャージャーク中心の五目ライトジギング
アオモノブレードサワラキャスティング

このような形で船釣りに使用出来るかと。

特にアオモノブレードはサワラゲームに有効だと思います。サワラは基本的にブレードだけ揺れている状況を好むので、動きがマッチしています。

本体がブレると口を使わない傾向にあるので、ベイトが大きい時の代打としてオススメです。

ゲームタイプLJの実釣シーン
21ゲーム タイプLJ B63-3をインプレ!合わせるリールは?青物は?グラップラーと悩んだら?シマノのゲーム タイプLJをオフショアで使用しましたので、インプレします!...

どちらもフォール時のアピール力は十分あるので、集魚能力に期待できますね。

以上、アオモノキャッチャーを紹介しました。安価にも関わらず釣果が抜群なので是非とも試してみてください。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
監修
luresonic編集部
元釣り具屋店員や釣り雑誌編集者など、知識が豊富なアングラー複数人で運営中。ルアーフィッシングを初心者でもわかりやすい様に解説いたします。依頼等ございましたら、ページ下部からお気軽にお問合せください。