イカ、ロックフィッシュ

[新型]23セドナ C2000Sを実釣インプレ!サハラと悩んだら?ライトショアジギングに使える?

ライター
ライター
限界人間(@beginni27729570)と申します。釣りが好きすぎてyoutubeもやってます!

23セドナに興味はありませんか?価格もお手頃なことから気軽に扱えますし、サブ機としての活躍も見込めますからね。

新型セドナで実釣しましたので、リール選びの参考までに。使用した感想は動画にも纏めています。

製品の閲覧と購入ができる様にamazon/楽天市場の広告リンクを設置していますので、気になった方はリンク先をチェックしてみてください。

ラインナップやスプール互換は?

23セドナのラインナップは以下の通りです。

サイズ/スペック巻き取り量(cm)自重(g)最大ドラグ力(kg)糸巻量PE(号/cm)
5006917030.6-185
10006621530.8-240
C2000S6621530.6-150
25007324091-320
C30007324591-400
4000XG99290111-490
C5000XG105310112-300

番手やスペックは一部抜粋となります。参照:シマノ

スプールは22ミラベル、21ナスキー、22サハラと互換性がございます。ドラグノブとセットであれば、21ネクサーブとも互換性がございます。

参照:シマノ

[半年間使った]23メタニウム 100XGをインプレ!20メタニウムと違う?バンタムと悩んだら?23メタニウムと22バンタムで悩んでいる方はいませんか?実際に23メタニウム 100XGを半年使用した上でインプレします!...
スポンサーリンク

23セドナ C2000Sのインプレは?

良い点

巻き心地に関しては非常に滑らかで、がたつきを感じません。正直、1万円以内の価格帯でここまでのシルキーさを実現できる、シマノの技術力には驚きを隠せないです。

最近のリールは性能が良い傾向にありますが、さすがにやり過ぎでは・・笑

ナイトロックフィッシュで20㎝~30㎝前後の根魚狙いで使用しましたが、剛性面で不安を感じることもなく十分快適に扱うことができました。

低価格帯のエントリーモデルでありながらハガネギアを採用しているので、小型番手であってもパワフルなファイトが可能です。

気になった点

正直このクラスのリールに物足らなさを言うのも気が引けますが、ライバル機種も多いリールにはなりますので、参考までに挙げておきます。

巻き心地は先述した通り滑らかなのですが、巻き始めが重くもっさりとした感覚が手元に伝わります。特にルアー釣りをする際、上位機種を使用している方はわかるかと。

次にベール性能ですが、価格相応といったところですね。

個体差の可能性もございますが、オートリターンが上手くいかずベールが閉じないことがありました。手で直接閉じれば解決しますが、少し残念に思います。

とはいえど釣果に直結する部分でもないので、コスパ最強の部類であることは間違いないですね。

[2年間使用した] 21フリームスLT 3000をインプレ!ハンドル交換は?23レガリスとどっちを買う? 21フリームスLTと23レガリスで悩まれる方も多いのではないでしょうか?実際に21フリームスLTを2年間使用してみましたので、リール選...
スポンサーリンク

17セドナとの違いは?

以前17セドナを所有していましたが、巻き心地が圧倒的に進化しています。これは23セドナに採用されているサイレントドライブによるものですね。

さすがに天と地ほど差があるわけではないですが、明らかに巻き心地の向上はわかります。

また、リールの逆転レバーが採用されたことにも触れておきたいです。ルアーフィッシングで活用することは少ないかもしれませんが、餌釣りでは必要とする場面がありますからね。

“メインはルアー釣りだが稀に餌釣りもしたい“といった方に良いと思います。

実際に使用した感想を動画で述べていますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ライトショアジギングには使える?

ライトショアジギングでも十分に使用出来ます。メインターゲットである、ブリの若魚、サバ、サゴシであれば問題なく対応することが可能です。

巻き心地も良く、トラブルも少ないリールですので価格の割にやりすぎだと思います。

しかし先述しましたが、ハンドル止めねじの緩みやすさは注意しましょう。特に“投げて巻いてシャクる“を繰り返すライトショアジギングの場合、相応に緩んで来ますからね。

ライトショアジギングをメインでするのであれば、22サハラや21ナスキーの方が快適な気はします。

スポンサーリンク

22サハラと悩んだら?ねじ込み式が決め手?

上位機種の22サハラは23セドナと比較すると以下の3点で優れています。

ねじ込み式のハンドルを採用していること
Xシップが搭載されていること
ベアリングの数も1つ多いこと

やはり決め手は23セドナの供回り式ハンドルを許容できるかですね。実際に2時間くらい巻きの釣りをしていると、緩んで外れそうになることがあります。

どちらもエントリーモデルとして幅広い魚種に対応ができますが、ねじ込み式ハンドルを採用している22サハラの方が快適な場面も多いかもしれません。

22サハラ C5000XGを実釣インプレ!ショアジギングはできる?スプール互換や評価は?1万円以下に良いリールが多いため、どれにするか悩みませんか?サハラを実釣インプレします。...

しかし、23セドナの方が年式も新しく価格も少し安いです。釣行頻度や財布の状況と相談するのが良いと思います。

以上、23セドナを解説いたしました。価格相応に感じる場面もありますが、総じて値段以上のスペックだと思います。

お小遣い制のパパアングラーや、お手軽に使用するリールが欲しい方には是非とも試していただきたいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
監修
luresonic編集部
元釣り具屋店員や釣り雑誌編集者など、知識が豊富なアングラー複数人で運営中。ルアーフィッシングを初心者でもわかりやすい様に解説いたします。依頼等ございましたら、ページ下部からお気軽にお問合せください。