ショア(サーフなど)

マイクロショアジギングのタックルは?おすすめロッドやリール、釣れない時の対処法も紹介!

マイクロショアジギングを始めたい方も多いのではないでしょうか?初心者にもわかりやすい様に、釣り方のコツからタックルまで紹介いたします。

ロッドやリールは実体験を元にチョイスしましたので、何を購入するか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

製品の閲覧と購入ができる様にamazon/楽天市場の広告リンクを設置していますので、気になった方はリンク先をチェックしてみてください。

マイクロショアジギングとは?夜もできる?

マイクロショアジギングとは、6~8ft程度のロッドでマイクロジグをキャストするショアジギングのことです。

ざっくりとしていますが、以下のタックルがあれば釣り自体は成立します。

ロッドライトゲームやバスロッド
リール2000番程度
ルアー~7g前後まで

ポイントは身近な堤防や川の河口などです。狙う魚はアジやカマス、メッキなどの小型のフィッシュイーターを中心としています。

また、釣行する時間帯は日中が多いです。夜間でも釣りは成立しますが、朝マズメの方が釣りやすいかと。

タチウオがマイクロジグに反応することがありますので、その時は夜でも楽しめますね。メッキや小型青物は日中の方が簡単だと思います。

[サーフ、堤防]タチウオに最強のルアーは?動かし方や釣れない理由も紹介! サーフや堤防でタチウオが釣れずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 釣り方を解説しながら、実績のあるルアーを3選紹介いたし...

アタリやバイトは多い?釣れない時はどうする?

慣れるとバイトも増えてきますが、最初は少しコツがいりますね。初心者の方は次の2点を意識すると良いと思います。

①ジグが着底したらすぐに竿を挙げること。

魚の反応がない時は、ジグをボトムまで落とす必要があります。根掛かり回避のため、着底と同時に竿をしゃくり上げましょう。

ジグが軽いので最初のうちは着底がわかりにくいかもしれませんが、徐々に慣れていくと思います。

②ジグの特徴を意識すること。

ジグのアクションやルアーローテーションの知識を身に着けることも重要です。メーカーの推奨する使用方法で試してみると釣果に繋がります。

最低限、この2つは押さえたいところです。

しかし慣れてしまえば、ワームよりもマイクロジグの方が釣れるケースも多々あります。次第にバイト数が楽しめる様になりますよ。

タナも水面からボトムまで狙うことが出来ますし、多少の風が吹いていても成立するのがこの釣りの良いところかと。

どうしてもマイクロショアジギングで魚が釣れない場合、以下の2点を試してみてください。

ボトムを取って3回シャクってから、ラインテンションを抜く。(カーブフォールの活用)
上げ潮の堤防では、満潮3時間前から下げに変わるまで釣りをすること。

細かい部分になりますが、意識するだけで釣果が大きく変わります。

21ツインパワーXD 4000XGをインプレ!剛性や青物は?ヴァンキッシュやC5000XGとの比較は? サーフやライトショアジギング、シーバスにも使える汎用性の高い4000番リールですが、上位機種にも良い製品が多く悩みませんか?値段もさほ...

マイクロショアジギングのタックルは?

実際に使用するタックルの選び方や特徴について解説しますので、参考までに。おすすめロッドとリールは後述いたします。

ロッド

6~8フィートのライトゲームロッド、バスロッドなどを使用しましょう。

ロッド選びのポイントとしてはティップが柔らかすぎず、適度に張りを持たせたものが良いです。バッドパワーがある方が釣りやすいかと。

加えて、~7g程度までを快適に操作できれば完璧です。

リール

早巻きが有効であることもあるので、ハイギヤタイプがオススメです。狙う魚の多くが小型のため、リールの剛性はそこまで気にしなくて良いと思います。

不意な大物に備え、ドラグ性能は優れたリールが良いですね。マイクロベイトを捕食している中型魚がヒットする可能性がありますので。

ルアー

1~7gくらいまでの極小メタルジグを使用します。できれば初心者の方は、センターバランスのジグがオススメです。扱いやすく、釣れるイメージが湧きやすいですからね。

同じ種類のジグでも、カラーは複数用意しておきましょう。アピールカラーとナチュラルカラーの割合は3:1程度にすると良いと思います。

[厳選]マイクロジグのおすすめ5選!何の魚が釣れる?使い方や付け方は?実績のあるマイクロジグを知りたい方も多いのではないでしょうか。ルアー釣り歴10年以上の私が厳選しましたので参考までに。...

ライン

0.4~0.6号のPEに、2号程度のフロロラインをリーダーとして結びます。強度が高く、飛距離が出る製品が良いですね。ラインは150mを巻ける製品を推奨します。4本編み、8本編みに関しては好みでよろしいかと。

マイクロショアジギングにおすすめのロッド(3選)

①Zeake ヴェルザードS74

ティップに張りのある高感度ソリッドが使われているため、魚の口に掛けやすいロッドです。小魚を狙う釣りなので感度は重視する必要があります。

背負えるルアーも0.8~7gとキャパが大きく、扱いやすいですね。

またコツを掴めば根がかりも減らせます。乗せ調子だが根もかわせる、バランスが絶妙なロッドだと思います。

写真はヴェルザードで釣ったメッキです。7フィート4インチという絶妙な長さも気に入っています。

②PALMS ピンウィール69UL+(Tip Power Custom)

ジャーク&フォールを多用するマイクロショアジギングや、メッキを代表とするトゥイッチングゲームに最適なロッドです。チューブラーティップが使われているため、穂先を少し動かすだけでジグのアクションを引き出せます。

また、手先に伝わる感度もソリッドタイプのロッドより高いです。アタリを感じたら自らの技術で魚の口にフッキングさせる、ルアー釣りの醍醐味が味わえますね。攻めの釣りがしたい方に良いと思います。

1~7gのルアーをキャスト可能です。

③シマノ 20ゾディアス264UL

バスロッドで有名でして、バス釣りと併用したい方にオススメです。

長さは短めで子供や女性にも扱いやすいかと。チューブラーティップを採用しているため、感度が良いです。張りが強く、ジグのアクションもつけやすいですよ。

手元に伝わる情報を最大限に増やすため、1ピースモデルを推奨します。

ネッサエクスチューン S1102M+をインプレ!折れる?青物は?XRとリミテッドで悩んだら?サーフやライトショアジギングに使用するロッドを選ぶとき、何を買うか非常に悩みませんか?大人気ネッサシリーズのエクスチューン1102M+を3年間使い倒しましたので、ご参考までに。...

マイクロショアジギングにおすすめのリール(3選)

①シマノ21ソアレXR C2000SSHG

ミドルクラスのライトゲーム用リールです。巻き出しの軽さに優れ、感度にも満足しています。

マイクロショアジギングの他にも、キャロやフロートを遠投するアジング、メバリングにも併用できますよ。入門機には間違いないと思います。

②シマノ23 ストラディックC2000SHG

シマノフラッグシップモデルの技術を、4つ搭載した汎用リールです。

中でも特に優れているのは耐久性だと思います。インフィニティクロス採用でリールに大きな負荷をかけても、ギアが損傷することを防ぐことが可能です。

なめらかで力強い巻き心地を長期間保つことが出来ますね。

お手頃価格ですが旧モデルと比較しても、圧倒的な進化を誇ります。初心者にも自信を持ってオススメします。

③シマノ20 ヴァンフォードC2000SHG

使い心地に関しては、上位機種の19ヴァンキッシュと同クラスだと思います。巻き心地も滑らかですし、新作まで待てない方には良いかと。(出るかわかりませんが)

ロッドの20ゾディアス264ULと合わせると、赤を基調としたカラーが調和します。使用感、外観に統一感が出ることから、こちらもオススメです。

[実績多数]ヒラメに最強、おすすめルアー6選!遠浅サーフも堤防も反則級ルアーで攻略! ヒラメ用ルアーは多数発売されていますが、何を購入すべきか悩むことは多々ありませんか?私はヒラメ釣りを始めて長い年月が経ちますが、今まで...

以上、マイクロショアジギングのタックルについて記載いたしました。実際の経験を元にロッド、リールも厳選いたしました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事を書いた人
luresonic編集部
元釣り具屋店員や釣り雑誌編集者など、知識が豊富なアングラー複数人で運営中。ルアーフィッシングを初心者でもわかりやすい様に解説いたします。依頼等ございましたら、ページ下部からお気軽にお問合せください。